2022-12-06(火)晴れ

今日は休業日。

結構早起きしてシャワーを浴びるなどして外出の準備。一度店に行って植物の世話をする。コンビニで二人分のホットコーヒーを買って(機械のメンテナンスでカフェラテは買えなかった)、家に戻ってくると横の駐車場にAさんが車で待っていた。

千早赤阪村のBUMに連れていってもらう約束なのだった。Aさんは店の超常連なんだけど、一番最初は別の常連さんが友達を店に連れて来てくれてその友達がさらに別の機会にAさんを連れて来てくれたのが最初で、それが今では通いまくってくれているのでありがたい。すっかり沼にハマったAさんは他のイケてる店もディグりまくっていて、すでにBUMにも通いつめているらしい。ちょうど先日BUMのオーナーさんが店に来てくれたというのもあってこちらからも訪ねたい気持ちが募ってAさんに相談して予定を合わせてもらったのだった。

うちからだと下道で一時間ほどの道のりのようだった。助手席に乗るのはこの間Mさんに焚き火に連れて行ってもらって以来か。他人の運転する車に乗せてもらうのって、ちょっと大げさだけどその人に命を預けてる/握られてる感覚があって毎度ゾクゾクする。Aさんの運転は至極安全丁寧でスムースだった。ちょっと遠くに見えたPL教団の本部の白い塔が非常に魅力的に映った。鬱蒼とした、でも所々光が落ちて雰囲気の良い木立の間の山道を通った先にBUMはあった。非日常空間に没入していくような自然の演出が心地よかった。なんやかんや話していたからあっという間に到着したように感じた。

そこはすごく素敵なスペースで、モノとコトのクオリティが両面で非常に高く保たれていて文句のつけようがなかった。料理に関しては最初に出してもらった柿とイワシのホットサラダみたいなのが圧倒的に美味しかった。ツルムラサキの実が入っていて食感も見目も良かった。また食べたい。ミールスフルセットでライスもおかわりしてよく食べた。食後、併設のギャラリーで絵の展示をみる。自分にタトゥーを入れてくれたアーティストの展示だったのでこれもぜひみたかったのだ。一番いいと思った作品は売約済みとなっていた。イケてる図柄がプリントされたハンカチを購入。その他、カセットテープと猫の顔の壁掛けオブジェ的なのもゲットした。Aさんもなんやかんや買っていた。ハンカチは前回買っていたらしくお揃いになってしまった。チャイを淹れてもらって裏の庭などを徘徊しつつ楽しんだ。最後にBUM猫に会わせてもらって辞去した。12時前に着いて3時間半ほど滞在していたようだった。平日にも関わらず絶えず来店があり、しかも客層も地元民っぽい方々から若いおしゃれ風人間までとてもバランス良く見えた。

かなり食らってしまった。今回の展示でもドキュメンタリー風のビデオを制作していてコストと労力をかけているように見えたし、本当に良いことを為すには覚悟と仲間が必要なのかもなと思わされた。安易に影響されすぎないようにしなければ。時間を使ってうまく消化したい。普通にファンになっちゃったので今後も通うつもり。

帰りもAさんに運転をお任せしてしまう。Aさんとの会話からも店のあり方について様々な示唆を得ることができた。気軽に消費できるもの・あるいは一種の喜捨として機能するものが必要そう。とりあえず生写真・チェキ会はやってみるつもり。

玉造まで送ってもらってAさんと分かれる。いつもの店に散髪に行く。およそ2ヶ月ぶり。カットしてもらいながら店長のWさんとも色々話す。今日に限ってWさんもかなりエンジンがかかっていて、自分の美容室の今後の展望やグッズ展開について、また今後5年の心構えなどたくさん話してくれたのでここでも刺激を受けた。お互いやろうとしていたことが若干重なっていたことがわかってちょっと興奮した。あとうちの近所に最近オープンした古着屋オーナーのKさんもWさんに髪を切ってもらっていることがわかって驚いた。面白かったのでWさんの写真を撮らせてもらってKさんに送りつけてみたらやっぱり驚いていたので良かった。

森ノ宮まで歩いて印度屋でカレーを食べてから地下鉄に乗って帰る。自宅最寄りの一駅前で降りて、商店街の中のシェアキッチンでSさんがチャイの店を出しているというので覗いてみる。Sさんの友人で何度か店に来てくれている田中みな実似のKさんと初めてお会いするカメラに詳しい青年が先客だった。ラムチャイを作ってもらって飲む。めちゃくちゃ温まって良かった。店に置くちょっとした消費アイテムの相談したり小一時間滞在して辞去した。

店に寄って植物の世話をしてから帰宅。